検査結果はどのくらいででる?

検査結果はどのくらいででる?

検査結果はどのくらいででる? 出生前診断には確定的検査と非確定的検査があり、一般的に非確定的検査をまず受けます。
この検査には新型出生前診断やコンバインド検査、母体血清マーカー検査があり、9週から10週以降と比較的早い段階で受けることができる新型出生前診断を受けることが多いです。
この検査の場合、判明するのはダウン症候群やエドワーズ症候群、パトー症候群です。
ダウン症候群は染色体異常の中で最も多い疾患ですが、この感度は99%と高くなっています。
検査方法はお母さんの血液を少量採血し、その中にある赤ちゃんの遺伝子を拾い出すものであり、胎児には影響がなく安全に行うことができる特徴があります。
検査結果は他の方法が2週間程度であるのに対し、早ければ1週間、遅くても2週間の間に出てくるので、早期に胎児の様子を知ることができます。
検査を受けて陽性と診断された場合は確定的検査を行いますが、検査結果はより詳しく知るために2週間から3週間となっています。

出生前診断は赤ちゃんの様子を知るための検査

出生前診断は赤ちゃんの様子を知るための検査 35歳以上で妊娠をした場合、お腹の赤ちゃんに染色体異常が見つかることがあります。
一般的に高齢出産である35歳以上になるとその割合が多くなっているため、35歳以上で妊娠をした、前回染色体異常がみられる胎児を妊娠したなどの場合は出生前診断を希望すれば受けられます。
出生前診断には確定検査と非確定検査があり、胎児に影響の少ない非確定検査を受けて陽性もしくは陽性と考えられる場合に、羊水や絨毛を採取する確定検査を行います。
非確定検査で安全と言われている新型出生前診断においては、ダウン症候群や18トリソミー、13トリソミーの3つの染色体異常について知ることができ、その感度は99%と大変高いものです。
ですが事前にしっかりとカウンセリングを受けていないと、結果が出たときにどのようにしたらよいのかわからなくなってしまうリスクもあります。
出生前診断は赤ちゃんを死産、もしくは流産させるものではなく、出産した後の生活の見通しを立て、胎児の段階から治療ができるようにするためのものです。
そのためしっかりと自分で判断できるようカウンセリングを受けることが必要となります。

新着情報

◎2020/12/23

検査結果はどのくらいででる?
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

リスクはわずかながらある
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

メリットとデメリットを比較
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「診断 結果」
に関連するツイート
Twitter