リスクはわずかながらある

リスクはわずかながらある

リスクはわずかながらある 出産を考えている人にとって妊娠は喜ばしいニュースですが、子供が健康に生まれてくれるかは神のみぞ知るところです。そのときに役立つのが出生前診断です。
出生前診断とは、妊娠中にお腹の中にいる胎児の状態を診断する検査のことを言います。主に遺伝子を調べて、何か問題がないかチェックする診断です。
ここで、染色体に異常が見られたり、子供の発育具合が悪かったりすると、生まれてからハンディキャップを背負う可能性があるため出産の判断を助けてくれます。
現在は多くのカップルが出生前診断を行っていますが、そこにはわずかながらデメリットがあることは注意してください。そのひとつが選択肢が生まれるということです。
出生前診断を行わなければ胎児の状態は分かりませんが、その分、中絶などの決断を迫られずに済みます。しかし、診断で異常があれば中絶するのか、そのまま出産するのか決断が迫られます。
これは精神的にも負荷のかかるリスクです。障害があるからといって、幸せな家庭が築けないわけではありません。
子供、パートナー、そして自分にとって何が幸せなのか、十分に考えたうえで決断しましょう。

障害が全て分かるわけではないというデメリット

障害が全て分かるわけではないというデメリット 出生前診断を受けると、あらかじめ赤ちゃんの状態を知ることができ、染色体疾患がないかどうかなどが分かります。
メリットが多いと感じられる出生前診断ですが、実はこれを受けても全ての障害が分かるわけではないというデメリットがあることを知っておきましょう。
主に染色体疾患を検査するものですが、染色体異常は先天性疾患のうちわずか4分の1なので、他の障害を抱えている可能性もあります。
たとえば、自閉症はこの検査によってあらかじめ分かる病気ではないです。出生前診断を受けたとしても、全ての病気を知ることはできないというデメリットを知っておくことが大切だと言えます。これを知らなければ、どのような病気についても調べることができると勘違いしてしまう可能性が高いです。
子供が成長していく中で他の疾患を持っていることに気がついて、検査を受けた意味がなかったと感じてしまうかもしれません。
出生前診断は非常に便利ですが、メリットばかりではないことを知っておくべきです。

新着情報

◎2020/9/28

リスクはわずかながらある
の情報を更新しました。

◎2020/8/3

メリットとデメリットを比較
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「出生前診断」
に関連するツイート
Twitter